FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

電子カルテへの記載方法の統一化

 呼吸ケアチームの活動の1つとして、マニュアルの整備があります。
複数の職種で作成するので、なかなか前に進みません。
当院での大きな課題として、電子カルテへの記載方法の統一化があります。
現在は、統一されていないので、病棟ごと、下手をすれば個人で記載項目が違います。

で、項目としては、
 
 1、設定:機種名、換気モード、PIP、PEEP、PS、回数、酸素濃度、低圧アラーム

 2、実測値:換気モード、PIP、PEEP、回数、酸素濃度、TV、MV

 3、患者観察:肺雑音、呼吸左右差、痰性状、痰量

 4、その他確認事項:本体異常、回路内水滴、加湿器水残量、加湿器設定、手動換気の準備、キャスターロック 

 となりました。

記録の間隔も、1時間か2時間っていう風に意見が違います。これは、最低2時間ごとって表記になりました。
記録が簡単になるように、設定や確認事項が前回と同じ場合は、enter入力で丸が入るようにもしました。このようにして記録の標準化にこぎつけれた訳です。

呼吸療法認定士ですが、全国に3万人いるようです。
私も明日から講習会に参加してきて認定士を取りたいと思います。
何としても1発合格しなければ、お金と時間の無駄になります。と、自分にプレッシャーをかけつつ老体にムチを打ちたいと思います!

スポンサーサイト



  1. 2012/08/28(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

コメント

山口だったか東北地方か忘れましたが、地域で電子カルテデータの共用・統一を行う為に、医師の手書きのカルテを電子カルテに書き換える為の部署を持っている病院があるとどこかで聞いた様な記憶があります。
紙がいいのか電子カルテがいいのか、微妙な所ですね。
  1. 2012/08/29(水) |
  2. URL |
  3. kei #WOq6nlhY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する