FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

プレトリアージ訓練

 石巻赤十字病院 災害時の混乱防ぐ訓練 プレトリアージ NHKニュース

東日本大震災で多くの患者を受け入れた、宮城県石巻市の病院で、災害のときに病院の混乱を防ぐため、救急患者を、家族の安否を尋ねる人などと分けてから、治療に当たる、初めての訓練が行われました。

訓練を行ったのは、震災で最も多くの人が犠牲になった石巻市で中核的な医療機関として活動した、石巻赤十字病院です。
3日は医師や看護師などおよそ500人が参加し、マグニチュード9の地震と大津波を想定して、患者の受け入れ訓練が行われました。

石巻の病院 災害時の混乱防ぐ訓練
 この病院は、震災発生後の3日間で2100人余りの救急患者を受け入れましたが、行方不明の家族の安否を尋ねる人など、患者以外の人も6000人ほど訪れたことが、病院が混乱した原因の一つになったということです。

このため、患者の容体に応じて医師が治療の優先順位を判断する「トリアージ」を行う前に、患者とそうでない人を分ける「プレトリアージ」を行う訓練が、初めて実施されました。
玄関前に配置された11人の担当者は、病院を訪れた人に「どうしましたか」と声をかけ、病院に来た目的を確認し、具合が悪いという人はすぐにトリアージに回しました。
一方、患者ではないと判断された人は、安否情報の照会や、薬や医療用機器の提供など、病院の外に設けられた目的別のコーナーに案内され、それぞれで対応の手順を確認していました。
震災が発生した当時、病院で対応を指揮した、石井正医師は、「震災のとき病院の機能を維持するためのアイデアが、プレトリアージです。患者でない人も病院に入ろうと必死なので、仕分け作業は大変ですが、訓練を通じて、この作業を標準化させたい」と話しています。

「プレトリアージ」今後への課題は

3日の訓練で、「プレトリアージ」によって、医療現場ではおおむね混乱を避けられることが分かりましたが、課題も浮かび上がりました。
まず、治療に当たる医師たちが多くの患者への対応に追われてしまうことで、家族の安否情報を求めて病院を訪れた人たちに、スムーズに情報提供ができなくなるおそれがあるということです。
また、3日は、病院を訪れる役割を100人で訓練を行いましたが、実際には、震災の発生から3日間で8000人以上が殺到したことから、薬や、使えなくなった在宅用の医療機器を求める多くの人たちに対応できるかどうかは、十分に検証できなかったということです。
このため、病院では、次回の訓練は3倍の人数で、情報伝達のルートを確認しながら実施することを検討したいと話しています。

スポンサーサイト



  1. 2012/11/08(木) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する