FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

内視鏡手術は増える一方!

木曜日の9時からは医療ドラマの対決です。

米倉涼子がフリーの外科医を演じる「ドクターX~大門未知子~」視聴率18・6%、
仲里依紗主演の「レジデント~5人の研修医~」8・4%

フリーの外科医 VS 研修医物語

って感じでしょうか!?
研修医の先生にどちらを見ていますか?って聞いたら、そら~米倉でしょう!って

ちなみに、僕も米倉みています。面白いですもの・・・・


最近、当院では、胃や腸の内視鏡手術が多く行われています。胃の手術の1/3が内視鏡で実施しているようです。並列での実施もたまにあり、立ち会う我々としては、ややこしさ満載です。

昨日、LDGの勉強会がありましたので、少し知識のおすそ分けです。

腹腔鏡下幽門側胃切除術 Laparoscopic Distal Gastrectomy (LDG)
腹腔鏡下胃全摘術 Laparoscopic Total Gastrectomy (LTG)

 胃の下2/3を切除する術式を幽門側胃切除と呼びます。
 また、胃を全部摘出する方法を胃全摘術と呼びます。

少し前までは、LADG、つまり、アシスト=体外に胃を出して縫合する手技が主流のようでしたが、最近は、体位も気にせず、術後の予後も変わりがないということで、アシスト無しに移行しているようです。

で、いくつかある普及要因を考えてみました。
 ・手術画質の向上
 ・自動吻合器の性能向上と保険点数のup
 ・手術手技が上手になった

先生が一番やってみようと思ったのは、術後の回復の速さのようです。ある患者さんは翌日にじくそーパズルをしてそうです。身体的、精神的に余裕のある状態でないとなかなかパズルは出来ないよな~って言われていました。

スポンサーサイト



  1. 2012/11/16(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する