FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

呼吸器離脱

アメリカ帰りの「りょう」さんのページでも少し触れられていた、

INTENSIVIST vol.4 no.4 はとても興味深い内容でした!!
麻酔科の先生なら持っている方が多いので見せてもらってもよいのではないでしょうか?
こちらのページにも編集者の思いが書かれています。
51yeJe.jpg

【特集】呼吸器離脱
人工呼吸は,その始めと同様,あるいはそれ以上に終わり方が重要です。しかし,これまでの出版物では,人工呼吸のモード や設定法,機械の原理やその扱い方,人工呼吸が必要な病態や患者のケアに関する解説が中心となり,離脱は十分に解説されてきたとは言えません。そこで,本 特集は徹底的に“終わり”に注目しました。
人工呼吸器離脱に関して,これ一冊で人工呼吸にかかわるすべての医療従事者が理解でき,ベッドサイドに置いて便利で,5年間使用に耐える特集と考えています。

1. 標準的な人工呼吸器離脱:歴史,方法
Part 1:人工呼吸器離脱法の歴史:SBTという概念が生まれた背景
  鈴木 涼平 昭和大学藤が丘病院 救急医学科
  讃井 將満 東京慈恵会医科大学 麻酔科 集中治療部

Part 2:SBTの技術的側面
  安田 英人 武蔵野赤十字病院 救命救急センター

2. 人工呼吸器離脱困難
Part 1:疫学,原因,治療
  田中 竜馬 Pulmonary & Critical Care Medicine, LDS Hospital
Part 2:各種の換気モードを理解する
  奥田 晃久 東京慈恵会医科大学附属病院 臨床工学部

3. 抜管のすべて
Part 1:抜管総論
  竹内 広幸 健和会大手町病院 麻酔科・集中治療部
  讃井 將満
Part 2:抜管前にできること:抜管後喉頭浮腫の診断・予防・治療
  岩井 健一 東京慈恵会医科大学 葛飾医療センター 麻酔部
Part 3:抜管後にできること
  瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 集中治療部
Part 4:抜管,再挿管のテクニック
  飯塚 悠祐 松江赤十字病院 麻酔科・集中治療室

4. 呼吸器離脱を目的としたリハビリテーション:理学療法に根拠はあるのか
  齋藤 敬太 東京慈恵会医科大学 麻酔科 集中治療部


特に、各種の換気モードを理解するの内容は面白いです。

まだまだ、研究段階のようですが、エッセンスだけ少し・・・・・・・
初回、SBTで離脱できない2割の患者に対する換気モードの優劣の考察


 ・PSV・・・もっとも頻用されている換気モード。有用性は高い

 ・NAVA・・・・サーボiに搭載可能な換気モード(本邦未承認)
         呼吸筋活動をとらえる
         PSVに比べ過剰サポートを制限可能。呼吸器非同調を防げる?

 ・ATC・・・・抜管成功率は、PSと同等であった

 ・PAV・・・・患者-呼吸器の同調性を改善する

 ・SmartCare・・・抜管までの期間が有意に短い
            人員(優秀な)不足している施設には威力を発揮

 ・ASV・・・・離脱までの時間は短縮。離脱成功率に差は見られない

 ・NIV・・・・初回SBTに失敗した患者では有用か?再挿管不要な点
       支持する研究も増えてきた。今後に期待?


スポンサーサイト



  1. 2012/11/19(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する