FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

液晶テレビの二の舞にならねばよいのだが・・・

【MEDICA 2012】世界最大の医療機器展では、Samsung社も巨大ブースを構える

そういえば、先日大学の先生が韓国の医療機器メーカーは、急成長するだろう!って言われていました。1例を挙げると、ラジオ波焼灼装置、現在は、クールチップがシェアを独占していますが、韓国のメーカーが先端部分の焼ける範囲を調節できる装置を開発した。それもごく短時間に・・・・・

国を挙げて、医療に力を入れている韓国!!液晶テレビの二の舞になるのは目に見えている・・・・!

韓国第3の都市 テグ市は1970年代ごろまでは繊維産業で栄えた都市として知られる。しかし今、街を歩くとあちらこちらから「MEDI CITY(医療の街)」というキャッチフレーズが目に飛び込んでくる。同市は今、医療産業都市としての一歩を踏みだそうとしているのだ。長年に渡り街を支 えてきた繊維産業に変わり、「今後30年間は、地元の経済を牽引する産業になる」(テグ市近隣の慶北道知事のKim Gwang Yong氏)との期待を寄せている。

総投資額は4兆ウォン超

 2011年10月末には、建設予定地の一角で盛大な起工式が開催された。大型のスクリーンを設置したり花火を打ち上げたりするなど、雑風景な空き地に似 つかわしくない盛大な演出に加え、韓国の大統領に次ぐ“No.2”である国務総理のKim Hwang Sik氏を来賓として迎えた。「国務総理はめったなことでは来賓として登壇しない。今回のプロジェクトに対する自治体や国の力の入れようがうかがえる」 (ITジャーナリストの趙章恩氏)という。

テグ
国務総理のKim Hwang Sik氏

 まずは2013年8月に第1段階の工事を終了し、稼働を始める計画だ。その後も2030年まで投資を続けていくという。2030年までの総投資額は、4 兆6000億ウォンに及ぶ。このうち韓国政府が8000億ウォン、自治体が1兆2000億ウォン、民間企業が2兆6000億ウォンをそれぞれ負担すること を見込んでいる。


スポンサーサイト



  1. 2012/11/20(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する