FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

滴下制御装置

 化学療法室で使用している滴下制御装置 「フォローサイン」

自動点滴装置 FLOWSIGN(フローサイン)
 

当院の化学療法のプロ達??は、点滴漏れが怖いということで輸液ポンプを使わない!ということで大量購入しましたが、しばらくすると、輸液ポンプでしか無理な場合も結構あると言われ、輸液ポンプも設置することに・・・・・

でもって、フローサインは、一見簡単に見えますが、簡単=操作も簡単ではなく、滴下開始の時に慣れ?相応のテクニックが必要です。慣れていない人が使ってフリーフローを起こしたことがありますので、化学療法室以外では使用しないことにしています。
同種ではドリップアイという装置もあります。最近、点滴筒保持部分がよく壊れるということだけで、ドリップアイに買い換えてほしいと言ってきましたが、よく見ると同じ部品のように見えます。いったいどちらの装置がよいのでしょうか??ドリップアイの故障率やサービスについてご存知の方は、コメントくださいませ♪
ドリップ・アイ NE-1

スポンサーサイト



  1. 2012/11/27(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

うちはドリップアイです。
使い始めて2年経ちますが故障はありません。
ただ、薬剤の粘度によっては換算が必要です、そのへんはフローサインも同じでしょうね。
メーカー及び代理店が勉強会を数回やってくれました。
  1. 2012/11/27(火) |
  2. URL |
  3. OSSAN #XDvU40OM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する