FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

会長の挨拶

今年の技士会ネタ1発目は、兵庫県の会長様の挨拶がすばらしかったのでご紹介します。

新年あけましておめでとうございます。新春にあたり謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

会員の皆様におかれましては、日頃より当技士会活動にご理解・ご協力を賜り誠にありがとうございます。

 昨年は、衆議院総選挙で1年の幕を閉じましたが、投票率は59.3%、皆さんはこの数字をどう読みますか?国民は何を期待し、議員は何を公約に掲げているのでしょうか?そんなことを思いながら、技士会活動に重ねて選挙を見ていました。

では、私は何を思い技士会を運営しているのかと思うと、これは間違いなく、

   次の世代の人達に肩身の狭い思いをさせないように 

   少しでも待遇が良くなるように 

   社会的に認知される資格になるように

このようなことを想い技士会を運営しているわけです。私だけでなく、その他の役員も同じことを想っているはずです。我々は、決して自分たちが臨床工学技士として働いている間にこのようなことが実現できるとは思っていません。自分たちが現役のうちに良い時代が来るなんて全く思っていいないのです。

ただ次の世代の人達のために、それぞれの施設の可愛い部下のために、将来、臨床工学技士を目指すかもしれない可愛い息子や娘のために・・・、「私は臨床工学技士です!」と胸を張って言えるまた臨床工学技士という資格を「誰もが知っている」、そのような時代が来ることを目標に技士会運営をしているのです。何事も一足飛びには進みませんが、臨床工学技士が誕生して20数年、着実に進歩し、社会的にも認知される医療職団体に進歩してきているのです。よく、「技士会に入るメリット」や、「会費に対する見返り」など、厳しい意見を伺います。その都度、私は「そんなものはない!」と返答します。
   
   全ては次の世代の人達のためへの投資なのです。

今年は役員改選です。「次世代の人達のために」をスローガンに、皆さんも一緒に技士会運営をやってみませんか?世代を問わず、やる気のある皆様の立候補をお待ちしております。

今年も皆様にとって、充実した健康で素晴らしい1年であることをお祈りして、新年のご挨拶に代えさせていただきます。

スポンサーサイト



  1. 2013/01/04(金) |
  2. 技士会
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する