FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ダビンチ導入の意図は?

今日は、ロボット手術ダビンチの知識のおすそわけです。

2012年4月現在で国内で40台の導入でしたが、12月までに82台にまで増えています!?
でもって、2月に発売される新型のSiの予約は17台されている模様!導入予定の施設も数十施設あるので、夏までには120台くらいに増えるんではないでしょうか??

気になる価格は、新型は3千万円上がって3億3000万円、売りであるダブルコンソールにするとプラス3000万円、シミュレータ1200万円、3Dモニタ800万円、多くの施設がこの組み合わせで買うのではないでしょうか?つまり、3億8000万円です。しかも、値引きなしです。

保険点数は、4月について、95万円もらえますが、実際はもっとかかるので、すればするほど、赤字です。装置を償却しようと思えば、150万円くらいが妥当ではないでしょうか・・・・・?ですので、たぶん年間数千万円の赤字になります。

では、なぜ、各施設がこぞって導入するのでしょうか?赤字を上回るメリットがあるのでしょうか?それは、2点あるかと思います。
 ・最先端医療をしていると患者へのアピール
 
・研修医獲得の手段


患者へのメリットもありますが、現時点では泌尿器科しか保険適応ありませんので、導入側の目に見えるメリットはありません。各施設とも生き残りをかけて導入しているように思われます。我々の職種にとっては、人員増や世間へのPRなどのメリットはあるものと思っております。
スポンサーサイト



  1. 2013/01/12(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する