FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

体罰=暴行なのか?

大阪市立桜宮高校で、男子生徒が部活動の顧問に体罰を受けた翌日に自殺した問題で、大阪市・橋下徹市長は12日、遺族と面会し、謝罪した。 男子生徒の両親と面会した橋下市長は、生徒が書いた遺書を見せられ、約2時間、部活動での様子などについて話を聞いたという。

  橋下市長は「まずはおわびです。スポーツの指導においては、前近代的なのかな、というふうに自分自身反省しています。この気持ちもお父さまお母さまにもお 伝えして、こちらの謝罪の意を受け止めてくれたと思います」「『これからしっかり取り組んでいきます』ということを、亡くなられた生徒の前で誓ってきまし た」と述べた。

 それにしても、今回の事件は難しい問題です!自殺までの経緯を知れば、体罰ではなく、暴行です!

体罰=暴行  つまり教師が一切手出し不能ってのがはっきりしてよいのですが、

今度は生徒がなめきって先生に暴力を振るっても・・・・って思います。
う~~ん、難しい問題です。体罰の程度の問題でしょうが、昔から一定数の体罰死があるってことを考えると、特定のおかしな教師だけが犯している問題とも言えません。子供が学生世代の親にとっては考えさせられる事件であります。

スポンサーサイト



  1. 2013/01/15(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

コメント

私が教育委員長、あるいは学校長だったとしたら・・・。
体罰は届出(報告)制にします。
体罰を行ってもよいが、体罰を行ったら体罰の種類、部位、程度、回数、その時の状況、体罰の前に体罰を回避する手段をとったか、などの詳細を当日中に書面にて学校長や担当部長、委員会等しかるべき上部組織へ提出させる。
そうすれば真にやむを得ない場合にしか行われないだろうし組織としても把握でき、度が過ぎていると判断した場合は当該教師に中止命令や始末書を書かすこともできます。
もし当事者教員が提出しない場合や隠ぺいした場合は教師個人が生徒に対する傷害事件を起こしたと捉えます。
報告制にしているのに報告しないことは学校の関与しない教師個人の生徒への暴力です。学校の責任で警察へ通報を行います。
  1. 2013/01/16(水) |
  2. URL |
  3. 虎次郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する