FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

看護師特定医行為について

 看護師の「特定行為」まとまる 日経メディカル オンラインの記事より私見を少し

厚労省は2012年12月6日、「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(座長:昭和大病院長の有賀徹氏、以下WG)で、看護師が行う高度な医行為47項目を「特定行為」として定める案を提示、委員から大筋で了承された(表1、後日45項目に再整理された)。

表1 主な「特定行為」の項目(案)(2012年12月20日付の厚労省資料を編集部で再編)

 看護師が行う現在の医行為の中には、保健師助産師看護師法で定める「診療の補助」の範囲かどうか不明確なものがある。WGではこうした“グレーゾーン”の医行為を明らかにし、技術や判断の難易度が高い医行為を「特定行為」に選定。一定の教育や経験を持つ看護師が能力認証を受けた場合に実施可能とするべく、制度化作業を進めている。なお、特定行為を行う看護師は当初、「特定看護師」と称されていたが、業務独占の誤解を生むことから、現在は「看護師特定能力認証制度」の創設に議論の内容が改められている。


それは、個人的に「それは医師の行為でしょう!」っていうものとして

 ・挿管手技
 ・デブリードマン
 ・一時ペースメーカの抜去
 ・臨時薬剤の投与
 ・オピオイドの量調整  などである


一方、何で入らなかったの?ってのがある。
 
 ・輸血
 ・内視鏡手術のカメラ持ち

最後に、「それ、しないでしょう!」は

 ・エコー検査

みなさんは、どう思われます・・・・・CE系の特定能力認証制度の方が決めてほしいと思います。


スポンサーサイト



  1. 2013/02/02(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する