FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

日本光電社製:CO2モニタ IAS-V110

第1回 はりま臨床工学研究会で展示のありました商品の中から、新しい視点で有用だと思われる装置を発見いたしました!
67lloa.jpg
日本光電社製:CO2モニタ IAS-V110

これまでの、EtCO2と言えば、口元センサーでメインストリームでは重くて使い辛いものでした。
人工呼吸器には、EtCO2で監視しましょう!となっていてもトラブルが多く実際全員に使っている施設は少ないものと感じております。サイドストリームは、水に弱いですし・・・・・

今回、医療安全の観点の新しい概念=排気口にセンサーを取り付けてCO2分圧のモニタリングを行うことで、無用なトラブルを減らし、呼吸管理を安全に行うことに近づきます。従来、センサーが口元にあることがトラブルの最大要因でしたが、排気口でそれなりに正確で安全性を向上させるって視点が新しいです!

スポンサーサイト



  1. 2013/03/11(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:2

コメント

人工呼吸器患者さんに全例etco2付けていますが、人工鼻あとなら、結露しにくくて誤アラーム少ないですよ
  1. 2013/03/12(火) |
  2. URL |
  3. Average CE #-
  4. [ 編集]

うちは全例、加温加湿器なんですよ~
あと、メインストリームなのでetco2は滅多に付けていません!サイドストリームで人工鼻あとなら、結露しにくくて誤アラーム少なくてよいですね~
  1. 2013/03/12(火) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する