FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

姫路地域の医療計画

 姫路地域の医療計画が見直され、日赤、製鐵記念、ツカザキ病院で大規模な動きがあります。
はりま臨床工学研究会でこれらの施設の発表があったので概要をまとめてみたいと思います。

まず、当院から、ダビンチのことをすっかり言い忘れていたので、ここで概要を・・・
まず、導入台数ですが、昨年12月末で99台導入されている模様、
それ以降は、新型の「ダビンチSi」になることから、予約を含めて夏ごろまでには全国で130台以上導入されるかと思われます。

で、当院は5月頃に導入し、1例目の手術を6月ごろ開始を目指しております。
新型の特徴は、デュアルコンソールであることから半数以上がデュアルを買うのではないでしょうか?
メンテナンス料金が、当初2500万/年が720万/年に下がったことから、導入しやすくはなっているかと・・・・

次に、ツカザキ病院です。
5年くらい前に眼科が出来てから、眼科に力が入っています。
医師数17名で17診察場ができる模様!!
手術件数は、1室で4000件実施しているという、たぶん世界1位の稼働率です!(休みなしで深夜まで稼働?)

最後に、製鐵記念広畑病院です!
3月1日に救命救急センターが新設されました!救急医が11名赴任らしいです。
姫路は、救急のたらいまわし事件以降、救急が課題でしたが、やっと大きく前進です!

www.hirohata-hp.or.jp/hetccc/heli_car/index.html
兵庫県が配備する播磨ドクターヘリ(2013年11月より運航開始予定)について、県立加古川医療センターが基地病院となり、当院は「準基地病院」として運航を開始します。

数年前に救急医療が崩壊した姫路地域ですが、崩壊した原因は、救急医療を担っていた病院が救急を止めたことが大きな要因です。それで、地域全体の救急医療が疲弊し、崩壊してしまいました!地域全体で支える=地域全体で医療システムがうまくいかないと、立ちゆきません!
そういう意味では、全体的に、姫路地域は、医師・技士数も増えていますので良い方向かと、魅力ある施設には、医師偏在ってあるんですね!

スポンサーサイト



  1. 2013/03/15(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する