FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

入社式から

新年度を迎えて、4月1日は全国で、企業の入社式や役所の入庁式などが行われた。

ローソン・新浪剛史社長は「どんどんチャレンジしましょう。そして、どんどん失敗しましょう。そういう中で人が育ち、結果的に会社が持続的に成長していく」と述べた。

また2012年、販売台数が2年ぶりに世界一となったトヨタ自動車の入社式では、豊田章男社長が「持続的に成長し続けることが最も重要」と訴えた。

期せずして、
キーワードは、会社が持続的に成長し続けること 、となった

こんなニュースもありました。

┌─────────────────────────────────
│ 今年から親を入社式に招待する企業も。

│ 同社では、以前から初任給が出た日に両親への手紙を直筆で書くように
│するなど新人研修では「親への感謝」を教えてきた。昨年の入社式では、
│事前に会社が新入社員の家族などから手紙を預かり、先輩社員が手紙を代
│読して新入社員に伝えることを行った。

│ この企画が社員の心を打ち、今回からは感謝の気持ちを直接、両親に伝
│えようと親を招待することを決めた。

│ 今年の入社式では、両親の間に新入社員が座って手をつなぎ、目を閉じ
│てこれまでの人生を振り返らせたうえで、両親への感謝の気持ちを、手を
│強く握り返すことで伝えてほしいとお願いした。

│ 同社では「親に感謝することは、社会人として第一歩を踏み出すときの
│最も大切な精神」としている。親と一緒の入社式は新しい流れになるのか。
└─────────────────────────────────
(「SankeiBiz」
  大学だけじゃなかったのか… 親を入社式へ招く企業の思惑とは

・初任給が出た日に親への感謝の手紙
・入社式で、家族からの手紙
・入社式に保護者を招待
 両親の間に座って手をつなぎ、手をにぎり返す

「親に感謝することは、社会人として第一歩を踏み出すときの最も大切な精
神」だと、その会社は考えているとのことです。


いい話です。
親への感謝の気持ちを表す
ことは、いくつになっては忘れてはなりません。


・・・と、手放しには喜べない何かを感じたのですが、いかがでしょうか。
スポンサーサイト



  1. 2013/04/02(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する