FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

日本人に今、たりないもの

みなさんアメリカよきサマリアって知っていますか?、
アメリカでは、グッドサマリアン・ローのような法制があって、
善意で応急手当てを施した者は、原則としてそれに伴う責任を問われる
ことはないというものです。
日本人は、すぐ法律がどうだ?とか議論してしまいますが、アメリカ人は
歴史的文化の違いから、まず命を救おうよ!という発想のようです。

日本でもAEDを一般市民に規制を設けずに出来るようになったのは
平成15年11月18日に行われた
第1回非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の使用のあり方検討会
河村剛史先生が、厚生労働省で下記のような発表をしたからと思います。
先生はいつもお世話になっていますが、人間味があってすばらしいです。

非医療従事者によるAEDの講習のあり方は、新たな規制を設けない、
規制緩和の方向です。これも1つの規制緩和の方向だと思いますが、
いま日本でいちばん不足してい
るのはグッドサマリアンと言われている、
目の前に立ってAEDの講習会を受けなくて
もボタンを押す人たちを
つくらなければ本当に助けることはできないのです

 私が16年前に一般市民に心肺蘇生を教えたとき、日赤などは文句を
言いました。「心臓マッサージは2日間の講習を経た人にのみ許可
されている。なぜ先生は、そんなに勝手に一般市民に教えるのか」
などと言われたことがあります。「あなた、そんなこと言うんだったら
自分の母親が倒れたとき、許可されてないから心肺蘇生しないと言うのと

同じことだ」と言ったことがあります。許可されなければやらない、
講習会を受けなけ
ればボタンを押せないのであれば規制緩和にならない、
新たな規制を設けることになります。
 私は、画一的な講習会でなく、多様な講習会を開催してほしいと
思っています。一般市民は、今度だけは医師会にやってほしいと望んで
います。いま、医師が地域参加をするラストチャンスなのです。医療が
これだけ問題になっているときに医師に自らの尊厳を回復させるために
何があるかと言えば、医師こそは一般市民のAED、これはラスト
チャンスなのです。
 警備員、施設管理者などは救命士が教えればいいのです。
それはそれでいいと思います。学校での「命の教育」は、養護教諭や
体育教諭で教えてほしいのです。講習会は、従来の一時救命処置に加え、
AEDの取扱い講習会をやればいいと思います。この機械
は非常に安全なのでそれほど難しいことをやる必要はないと思います。
http://homepage3.nifty.com/Basketball-tutor/sports_life_saving/AED/hige-AED%20kentoukai1-1.htm
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/11/txt/s1118-1.txt
スポンサーサイト



  1. 2007/09/16(日) |
  2. 人材育成
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する