FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

リスクを考えると「アリ」かも

 健康な人が乳がんを防ぐために乳房を事前に切除する手術が国内でも始まる・・・・


これだけ聞くと、???やり過ぎでは、と思うがリスクを考えると「アリ」かもしれない!

乳房予防切除、国内でも 遺伝性乳がん、都内2病院準備

体験を公表した女優のアンジェリーナ・ジョリーさんの ように、特定の遺伝子に変異があり、遺伝性の乳がんのリスクが高い人が対象だ。がん研有明病院(東京)のチームは6月にも、病院の倫理委員会に臨床研究と して申請する。聖路加国際病院(同)も実施態勢を整えた。

朝日新聞デジタル 5月20日(月)5時46分配信

 国内では毎年約6万人が乳がんになり、5~10%が「BRCA1、2」などの遺伝子に変異がある遺伝性の乳がんだ。変異がある人がみな、がんになるわけではないが、がんの不安や恐怖に悩む女性の選択肢が増えることになる。

 がん研有明病院の臨床研究では、遺伝子に変異がある希望者に、がん発生前に乳房切除の手術をする。片方に乳がんが見つかった人が反対側を予防切除するの も対象。本人が遺伝カウンセリングを受け、希望すれば遺伝子検査を受ける。変異が見つかれば、切除の利益と不利益を十分に理解した上で切除するか判断する ことを条件とする。手術では、がんが発生する乳房内の乳腺部分を取り除く。


スポンサーサイト



  1. 2013/05/20(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する