FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

楽 vs リスク

 病床が増えたこともあり、輸液ポンプを増設しました。
院内235台になりましたが、最近の傾向として、稼働率の差が激しいです・・・・・
235台÷555床=1床あたり0.42台・・・・ですか!?増えましたな~~*><*

P1000336.jpg
平均の稼働率は、85%くらいかと・・・
今日なんかですと、50台もME室にあります!?置く場所無くて困るくらい・・・・

でもって、輸液ポンプに関するインシデントも増えています。
特に、点滴漏れで気が付くのが遅れてポンプで無理やり注入事例など、
ポンプの使うと、

管理が楽 vs リスクの増大

基本は、観察なんですが、リスクが増えるよりも管理が楽な方に流れてしまいます。
電子カルテでは、指示が〇〇ml/hと出ますので、どうしてもポンプを使いたくなる・・・・
どういう風に誘導すれば安全性が増すのか?悩みは尽きないところです!
で、実際に流量を調べてみると、

ima5771.jpg

流量100ml/h以上の使用が30%か?
ほとんど化学療法の模様!こうなりゃ、レジメンを変えてしまうか!?
レジメンの意味はこちらを参照:

スポンサーサイト



  1. 2013/06/10(月) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する