FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

絶縁監視盤より警報が・・・

 昨日、NICUより、絶縁監視盤より警報が鳴っている・・・・・と連絡があり、調べに行くと止まっていました。

駆けつけると、特に、何もしていないのに警報が止んだ??ようです。
今の設備になって12年間で初めてです!

考えられる原因は4つほど

1、機器が故障している→今は鳴りやんでいる

2、コンセントに水がかかった→そのような形跡なし

3、監視盤の故障→今は鳴りやんでいる

4、どの機器も漏れ電流が正常値(0.5mA)以下であったが合計すると警報の鳴る2mA以上となり警報が鳴った

 P1000292.jpg

結局は、原因不明で様子見ですが、以前見学に行った施設で合計すると警報が鳴った事例がありました。その施設は、手術室内に赤と緑のコンセントがあったので、コンセントを分散して安全範囲となったことがあります。電子カルテ用のパソコンなんかが漏れ電流が多く怪しい場合が多いです。

スポンサーサイト



  1. 2013/06/26(水) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

4番はよく考えると、正常値は0.5mAまでOK.警報は2mA以上。正常な機器も5台目にアラーム発動はすなわち正常です。

よって、当院は手術室も、ICUもNICUもISOなUPSとISOじゃないGACの2系統を必ず併用しています。それは安全の系の分散にもなりますので。

 当院では権限をもらい、私がきめました。最初に電気設計したゼネコン側とはだいぶ揉めましたけど、理詰めで押し切った思い出です。
  1. 2013/06/28(金) |
  2. URL |
  3. 銀狼 #MAkumj2k
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する