FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

当院にとっての課題?

 今日は、臨床工学技士の新しい業務(当院にとっての課題?)について考えてみたいと思います。

ICU10床:常勤1名なのだが、透析等無い日がどうしても暇になる。複数人常勤している施設でとのような仕事をしているのか?気になる。PCPSがまわることもほとんどない。

内視鏡室:ファイバーの洗浄、点検だけでは業務としていまひとつ。生検の補助をするとグレーな感じになる?

救急:そもそも3次救急ではないので当院ではニーズが少ない

NICU12床:現状、毎日ラウンドする程度、ECMOやCHDFまで施行されることがない

現状分析として、いずれの部署も大活躍って感じは難しそう!?常勤するには、日常からのルーチン業務が必要となります。見学等で見に行くと、スタッフの1名として何でもこなす施設はうまくいっているような気がします。う~~ん、専門性追求か汎用性で立ち回るか?みなさん、どう思われます?


スポンサーサイト



  1. 2013/07/23(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:3

コメント

消化器内視鏡業務について

ぼくは2008年より内視鏡業務を行っています。以前より内視鏡だけが器機管理されていないのに違和感を感じていたからです。最初は洗浄業務だけでしたが、看護師不足と実際に介助につかなければ解らない事も多く、やはり介助につかなければ、看護師や医師から認めてもらえない事もあり、内視鏡センター長に直訴して、直接介助に関わるようにしました。今では内視鏡業務に3名の臨床工学技士が、精密検査からESD ERCP EUS FNA EMRと検査、治療処置までてがけるようになりました。もちろん最初はかなり叩かれまたけどね。内視鏡業務は内科、外科がからんできますし、今後臨床工学技士が関わることで技士の立場がより強力りうるかの可能性を持つ仕事だと思います。
  1. 2013/07/23(火) |
  2. URL |
  3. 小野です☆ #-
  4. [ 編集]

小野様 コメントありがとうございます。

内視鏡業務に5年の歴史と3名ですか!?パイオニア的存在ですね。内視鏡業務に関わる人が増え、実際に治療に関与する施設が増えていけば、業務指針に盛り込まれる可能性が増えてきます。
今後のご活躍を期待しております。

当院では、看護師不足ではない?ので臨床工学技士にそこまで求められていません。というか臨床工学技士を雇ってもらえません・・・・って感じでしょうか?
  1. 2013/07/24(水) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

私個人の意見としては各部門に常駐技士は置かなくても
いいような気がします。
技士がやらないといけない事と技士が関わりすぎて
看護師や医師が出来なくなる(やらなくなる)事とは別だと思うからです。
あくまで私事ですが専属でもないのに「これは技士の仕事でしょ?」と勝手に決めらたり、「自分達は覚えなくても技士を呼べば済む」とはなから聞く気もなく管理責任を技士にゆだねてきたりと・・・
他部門と技士の関わり方はどの施設も課題としてあると思います。
他部門と業務を共有する事ではなく教育や情報提供、修理・点検等の安全の必要性を訴えて理解してもらい協力しあえる環境
の方が理想的かなと思います。
そうするとラウンドを日常ルーチンとして毎日同じ人じゃなくてもいい気がします。
と1人しかいない私が偉そうな事言ってスミマセン。
  1. 2013/07/24(水) |
  2. URL |
  3. 九州の女性技士 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する