FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

簡単に分析してみますと

総務省による厚労省に対する勧告

www.soumu.go.jp/main_content/000245471.pdf
医療安全対策に関する行政評価・監視


結果を簡単に分析してみますと、、、


医療機器安全管理責任者については、143医療機関のうち、135機関で配置されている。
配置されていない施設もあるんだ~!?

特定機能病院における特定機器の定期的な研修の実施状況
人工呼吸器、血液浄化装置及び除細動装置については、調査した
17特定機能病院全てで研修を実施
している。しかし、人工心肺装置
については当該機器を設置している
16機関のうち4機関、
補助循環装置については17機関のうち5機関、閉鎖式保育器については16
機関のうち1機関が研修を実施していない。
研修していない特定機能病院もあるんだ~!?
 まあ、年2回の研修はマンネリ化して辛いものもあるでしょうね



特定機能病院以外では、、研修を実施していないものが、
i)閉鎖式保育器については24機関(
96.0%)
ii)人工心肺装置については10機関(90.9%)
iii)
除細動装置については61機関(89.7%)
義務化されていないので、まあ、そうなるでしょう!?

その理由について、これらの医療機関では、
i)これまで医療事故等が発生しておらず、必要性を感じない
ii)特定機器の使用頻度が少ないため
いや~認識の低さと言うか、制度に無理があるのを
感じますね!やはり5割以上の実施できるものでないと~


特定機能病院以外の医療機関で発生した医療事故の中には、
従業者に対する特定機器の使用方法に関する研修不足が原因とされるものが、
平成23年度は補助循環装置で1件(病院)、人工呼吸器で5件(病院)、血液浄化装置
で4件(病院1件、有床診療所3件)みられた。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/06(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する