FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

SimPad?

 ICLSに臨床工学技士が関わっている施設も多いのではないでしょうか?
ICLSや蘇生プログラムの習得に患者シミュレータは必須のものです。

西播磨地域では、ICLSを持ち回りで実施しており、各病院とも患者シミュレータ:ハートシムの老朽化が深刻です。
そこで買い替えを検討しているのですが、やはりレールダール製の患者シミュレータが優れているかと思います。
www.laerdal.com/jp/nav/207/Patient-Simulators

 

最近のものはSimPadというipadのような無線通信している操作パネルを使います。
これを使えば、シミュレーションをリーダーが持って、リアルタイムに評価することも可能です。また使い方を覚えなければなりませんが・・・・・
スポンサーサイト



  1. 2013/09/30(月) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する