FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

小児急性血液浄化療法の実態

 小児急性血液浄化療法ハンドブック 東京医学社より



わが国における小児急性血液浄化療法の実態を見てみます。

・2009年の段階で小児血液浄化の可能な施設は133施設

・2007~8年に施行した15歳未満の患者数は669名で1歳未満が41.5%だった

・血液浄化を施行した小児の生命予後は諸外国より優れていた

13%の施設で臨床工学技士の援助が一切なかった

スポンサーサイト



  1. 2013/10/29(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:2

コメント

新生児で血液浄化をやっている某病院のDrに聞いたところ
どうやら工学技士が関わっていないようでした・・・
(大きい病院だから技士は沢山いるのですがNICU自体に携わっていないようです)
Drから「工学技士さんが血液浄化をやるには試験はないのですか?」と逆に聞かれました。
  1. 2013/10/31(木) |
  2. URL |
  3. 九州の女性技士 #-
  4. [ 編集]

新生児で血液浄化をする病院は、大学病院が多いでしょうから、医局雇いの臨床工学技士が存在したりしている訳です。

 NICUの機器管理とトラブル対応に毎日ラウンドすることは必要不可欠だと思いますが、医局雇いや常駐となるまでには、施設基準に盛り込まれるしか無理なような気がします。
  1. 2013/10/31(木) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する