FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

在宅人工呼吸患者さんの外部バッテリについて

 今日は、在宅人工呼吸患者さんの外部バッテリについて考えます。

厚労省の2009年度の統計によると、在宅で人工呼吸器を使って生活する人は約1万2800人である。

外部バッテリについて詳しく書かれているのは、こやぎ内科の資料です
http://www.koyagi.or.tv/teidentaisaku_kiso.html 

   メーカ純正品(推奨)の外部バッテリー

   医療用バッテリー

   車のシガーソケットからの電源確保(インバーターの利用)

   発電機

   パソコン用UPSの代用

 主な方法としては、上記のとおりですが、こやぎ内科の推奨は⑤である。

UPSは優れているのですが、問題は稼働時間と金額と劣化の問題です。災害時には、72時間程度の使用可能な方法が望ましいと思われるので、発電機を使う方法が一番だと思う。

発電機は、補助金で購入できる県もある(東京、岩手、和歌山、茨城、沖縄など)

EU9i
しかし、補助金対象はメーカーの保証されている発電機となっている・・・・・・この保障という文言が問題で、保証された発電機はないのである!?故に、発電機を補助金で買える人がいない!という全くもって訳の解らん状況になっている訳です!!

実際、メーカーでも「正弦波インバーター機構」の装置を試して通常使用が出来ることを確認しているようですが、保証となると簡単にはいきません。

で、方策としては、医療用のUPSに発電機から電源を供給し、UPSから人工呼吸器の電源を取る方法があります。金銭的負担とUPSの劣化の問題がつきまとうので、

メーカーさんには「緊急時の人工呼吸器に給電する場合にのみ、正弦波インバーター機構を有する発電機の使用を可能とする」

としていただければ、解決すると思うのですが、いかがでしょうか?




スポンサーサイト



  1. 2013/11/02(土) |
  2. 救急・災害
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する