FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ルーチン業務の獲得

私の日課はブログを書くことですが、たまにはネタに困ることもあります!?
困った時の過去のネタということで・・・・・カテゴリー「人材育成」 読み返してみると、結構、良いことを書いております。まあ、ほとんどがどこかの受け売りですけれど・・・・(冷汗
だいたいは、7:40に出勤して朝の10分くらいでささっと書くんですけど・・・・・(更汗

3年前のネタから・・・・

 臨床工学技士の業務にとって

ゼネラリスト(Generalist:広範囲にわたる知識を持つ人)スペシャリスト(Specialist:専門知識を持つ人)っていうのは、永遠の課題だと思います。

結局は、病院内の業務内容や症例数によって変わってきますが、どちらがよいかは分かりません!
最近思うのは両立は無理だ!ということです。当院では、ゼネラリストを目指し、手術室、ICU、ME室、カテ関連を1週間ローテーションですが、カテ関連なんかはず~とやっていないとスペシャリストには成り得ません!どうしても中途半端感が漂います!個人的には、色々な業務を行う方が幅が広がりよいとは思いますが・・・・


1週間ローテーションから半年間専属に変更してみた評価
 ・確かにその部署からは専門家として見られるようになった??
 ・他の部門に興味が薄くなった、関係ないの?ついていけない?

まあ、永遠の課題に変わりなしですが、世の中の動向を見てみますと、器械出しや内視鏡室に入り込み人数の増えたこと・・・今後、ますます増えるでしょう!で、その人たちは、その部署で看護師と同じ動きをする場合が多いです。つまり、その部署に入り込み、ルーチン業務を獲得したことになります。ただし、正しい方向性かは未だ解りかねますが・・・・(悩
スポンサーサイト



  1. 2013/12/03(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する