FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

輸液ポンプを使うべきか

現在、TQM活動で、輸液ポンプと抗がん剤の関係を分かりやすく表示できないか?検討中です。

特に問題なのは、起壊死性抗がん剤です。

少量の漏出でも強い痛みが生じ、腫脹・水泡・壊死などの皮膚障害を起こし、結果として潰瘍形成に至ることがあるとされていて、早期の発見と処置が重要となります。つまり、末梢血管では、輸液ポンプで強制的に点滴することは危険です。

im233.jpg
現場が知りたいこと、つまり、輸液ポンプを使うべきか否かだけを記載しました。

スポンサーサイト



  1. 2014/01/15(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する