FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ネーザルハイフロー

 新生児関連のMLでネーザルハイフローが話題に上がっています。
個人的には、日本のNICU施設の使用方法、つまり、NCPAPと鼻カニュラの中間的な位置づけですと使用意義が少ないと感じていたのですが、外国の施設での使用方法なら使いやすいな~と思ったので、要約して書いてみます。


下記2種類のカニューラを使用しています。
1) Neotech RAM カニューラ
http://www.ramcannula.com/ 
2) Fisher & Paykelの早産児・新生児用カニューラ
http://www.fphcare.ca/products/infant-nasal-cannula/ 

これらのカニューラを下記のFisher & Paykelの
下記RT329という呼吸回路につないで使っています。


つまり、挿管で使用していた呼吸回路に上図の鼻カニュラを接続すればよいと言う訳です。


日本ではこのタイプを紹介されますが、これならコスト高ですしN-DPAPの方が優れているような気がします。
みなさんの施設で良い方法がございましたら、コメントくださいませ♪

スポンサーサイト



  1. 2014/01/23(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する