FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

血液透析装置等の転倒防止に関する意見交換会

 日臨工の災害対策委員会が主催する血液透析装置等の転倒防止に関する意見交換会  に参加してきました。参加者は、E-ディフェンスやメーカーさんで、有意義な意見交換が出来ました。今日はその中で新しい知見を報告します。

・機械室の床は、コンクリート製がよい(長尺シートは剥がれてしまう)

転倒に対して一番有利なのは、下側固定より上側固定(約4倍の固定力がある)のであるので装置を上部で連結する方法も併用すると効果的である

ゲルセーフは、ウレタン製で紫外線に弱いため3~5年の交換が必要である。

・透析コンソールは、キャスターが大型で重心が低いほど揺れに強い(一定の規格化も考える必要あり)

・病院施設の場合、高層建築が少ないため、長周期地震動を想定しなくてもよいと思われる。


スポンサーサイト



  1. 2014/04/30(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する