FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

高砂市民病院

兵庫県の高砂市民病院は16日、県南部の成人女性を4月に誤って乳がんと診断し、この女性が別の病院で手術を受けて片方の乳房の 一部を切除していたと発表した。病理検査の検体を別の乳がん患者のものと取り違えたのが原因という。女性には良性の腫瘍があったが手術の必要 はなく、病院は女性に謝罪したという。

 高砂市民病院によると、5月上旬に女性の手術をした県南部の病院が、手術で摘出した腫瘍からがん細胞が見つからなかったと市民病院に連絡して発覚。女性 から採取した病理検査の検体を、同じ日の検査で採取した別の50代の乳がん患者の検体と取り違えていたことがわかった。原因は調査中という。 取り違えが発覚した後、50代の患者は県南部のほかの病院で5月下旬に手術を受けたという。

う~~ん、隣町の事件だけに、心配です。
他の病院でも起こりうる事象ですので、対岸の火事ではありません!

高砂市民病院は、各科が撤退していますし、患者離れは深刻になるでしょう!今後、さらなる経営不振が心配されます・・・・

スポンサーサイト



  1. 2014/06/18(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する