FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

Da Vinci Xi

 新しいダビンチがFDAの認可を受けたようです。
動画を見るとすごく、使いやすくなっていると思います。
消耗品の価格が安くなれば、外科でも使えるのにな~
japanese.engadget.com/2014/04/04/4-da-vinci/
米 Intuitive Surgical 社が、外科手術ロボット Da Vinci Xi を発表しました。
最新バージョンの Da Vinci Xi は、オーバーヘッドブームや新設計アームなどにより、手術可能な範囲を大幅に拡大。患者の手前から向こう側まで、アームを様々な位置に伸ばせるようになり ました。また、アームの先に取り付けるインスツルメントが交換可能となり、適用できる外科手術の範囲も拡大しています。さらにインスツルメントの交換作業 は、レーザー光で位置決めができるため、ものの1~2分で完了します

スポンサーサイト



  1. 2014/06/24(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:2

コメント

ともにゃんさん、こんばんは。

これですか! 新しいダヴィンチは!

つい先日、うちの消化器外科の部長先生から「新しいダヴィンチがでるようやで…」との話を聞いたのですが、最初は情報が無かったので何のことやらわかりませんでした。

動画を観ましたが、凄いですね!

当院は、ダヴィンチSiを昨年4月に導入して6月にダヴィンチ手術が開始しました。

新しいダヴィンチ(Da・Vinch Xi)ですが、Siよりも価格がよりリーズナブルであればよいですね。あとメンテナンス維持費もね(笑)

あとは、泌尿器科でのRALP以外でも保険償還が取れるロボット手術手技が増えれば、もっと国内でのロボット手術が普及するんですがね~。
  1. 2014/06/24(火) |
  2. URL |
  3. なかやん #-
  4. [ 編集]

なかやんさん

Da・Vinch Xi すごいでしょう!

当院も昨年4月に導入して6月手術開始で今日で39例目です。
年間メンテナンス代600万円÷35例ですので、1回あたり17万円かかっていることになります。そら~元は取れんです・・・・(悲
  1. 2014/06/25(水) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する