FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

我々の声を反映するには

 日本臨床工学技士連盟では、臨床工学技士の国立大学養成校設置に向けて活動しております。

このように国の事業や政策に我々の声を反映するにはどうすればよいのでしょうか?

まず最低限必要なのが、決めている人(国会議員・関連省庁)に意見が届けることです。

じゃあ決めている人を動かすにはどうしたらよいのでしょう?→その人にとってメリットがあればよい=国会議員では、集票ってことになります。

具体的には、看護協会がよい手本です。
就業看護職員数はおよそ140万人!
現役国会議員は3名です!?
地方の連盟でさえご覧の通りの活動力です。
SnapCrab_NoName_2014-9-1_13-4-44_No-00.jpg


ともかく、手を加えているだけでは何も変わりません!連盟への入会を!
www.ce-renmei.gr.jp/
昔、看護師は3Kとか言われあまりイメージのよくない職業でした。最近は、そんなイメージも払拭されているような気もします。人気の職業ランキングに入るほどの勢いです。


スポンサーサイト



  1. 2014/09/01(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する