FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

救命救急士の法的限界

 エマージャンシーケア10月号で「救命救急士の法的限界」の記事がありました。
後から出来た職種だけあって、隙間業務と言いますか、臨床工学技士と似通った背景があります。


法律では、「病院又は診療所への搬送のため重度傷病者を救急用自動車等に乗せるまでの間において救急救命処置を行う」となっていますが、最近は救急外来等、活躍の場も広がってきています。
こちらのブログでは、新たな職域への取り組みと課題も検討され始めているようです。
ameblo.jp/gusya-h/entry-11895385630.html

また、少し前には、救急救命士の男性が、勤務が休みだったことし4月、交通事故の現場で救命処置を行っていたことが分かりました。法令では、救命処置を勤務時間外に行うことは認められておらず、消防本部は、この救命士を停職6か月の懲戒処分としました。d.hatena.ne.jp/Yosyan/20110602

スポンサーサイト



  1. 2014/09/10(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する