FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

セントラルモニタの電池切れの注意事例

 医療機能評価機構より
セントラルモニタの電池切れの注意事例が掲載されています。
www.med-safe.jp/pdf/med-safe_95.pdf

SnapCrab_NoName_2014-10-30_9-1-35_No-00.jpg
医療安全の方から、当院の現状と対策を教えて・・・・・・と聞かれ、早速調査しました。

まず、聞いたことのある「ポーン・・・」というアラーム音
 ・日本光電は電池交換では鳴らず、フクダは新しい装置では鳴るようです。
  日本光電だけ、送信機から小さくピーッというアラームが鳴ります。

 ・日本光電もフクダも電池交換が表示されてから7時間以上電池は持つようです。


まあ、どんなけアラーム無視しとんや!と突っ込みたくなりますが日本の現状でしょう!
何とも、難しい対策なんですが、まずはアラームの仕組みを知ってもらうことから始めることになりました!


スポンサーサイト



  1. 2014/10/30(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する