FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

機器管理とは!

 機器管理とは、我々臨床工学技士は機器の保守・点検をすればそれですべてOKと思いがちですが、我々の仕事は「安全な医療を提供すること」であってそのために機器を保守・点検する、機器を操作することであると思います。ですから、機器にトラブルがあった時には、1番に駆けつけ現場が困らないようにすることが患者さんに迷惑がかからなということにつながるものと信じて仕事をしています。中央管理と言えば聞こえがいいですが個人的には「掃除に始まり掃除に終わる」と言ってもよいほど機器をきれいにすることに重点を置いています。私の知っているかぎり、機器がきれいな施設ほどちゃんと管理ができています。みなさんはどう思われますか?

スポンサーサイト



  1. 2006/12/22(金) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:1

コメント

「掃除に始まり掃除に終わる」というのは、僕も賛同を覚え、当院にくる学生には毎回話しています。
しかし、今回の話はおいといて、
機器管理をする上でどこまでを管理するのかは頭の痛いところです。もちろん医療機器として重要なものは管理しているつもりですが、
例えば褥瘡マット、酸素流量計、徘徊センサー、離床センサーなどというグレーな機器については、技士さんごとに管理に関する考え方が違いますv-12
限られたマンパワーをどこまで割くのかと・・・
薬事のクラス分類を用いて・・・なんてことも考えましたが、
病院の医療機器と思われるものにすべてに管理シールを貼ってきただけに、シールはあるけどメンテしない、対応しないなんてのもちょっと・・・v-239
  1. 2006/12/25(月) |
  2. URL |
  3. のーびー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する