FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の違い

理学療法士(PT)と作業療法士(OT)の違いについて調べてみます。
kurumereha.ac.jp/subject/difference.html

理学療法士は、座る、立つなどの基本動作ができるように身体の基本的な機能回復をサポートします。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を専門に行うことから、<動作の専門家>とも呼ばれています。

作業療法士は、指を動かす、食事をする、入浴をする、など日常生活を送る上で必要な機能回復をサポートします。「日常生活活動(ADL)」ができるようになるための治療や援助を行うことで、仕事、趣味、遊びなど「元気な日常生活を送ってもらうため」のリハビリを支援します。

しかし、最近は、PTとOTの仕事に差は無くなってきているらしいです。
でも、病院にはPTが集まり、慢性期や精神科にはOTが集まるようです。

理学療法士会の会員は93,273名、
2010年の国家試験ではPTが9,112名、OTが5,317名合格しており、今後も1万人以上の療法士が誕生しています。
スポンサーサイト



  1. 2015/02/09(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:1

コメント

介護職をしている妻から聞かれて明確に答えられませんでした(汗)
勉強になりました(苦笑)
  1. 2015/02/09(月) |
  2. URL |
  3. うんぱるんぱ #co9xvPLk
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する