FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

「重症呼吸不全に対するECMO」

雑誌 INTENSIVISTの1月号の特集は「ARDS Berlinその後」でした。
01201452_54bded293a8ea.jpg
ARDSについて、最新の知見満載です。
3月7日には、雑誌の内容のセミナーが千葉で開催されるそうです。:http://peatix.com/event/74680/view

雑誌の中から、「重症呼吸不全に対するECMO」について書かれていますので要点を記載します。

・ECMOをするには集約化が必要だと思っている人が多い
・一方、自施設にECMOセンターの設立を希望している矛盾もある
・症例的には、国内で400症例(100万人に3~4例発生頻度)
・救命救急センター250施設→1施設1~2症例/年
・年間20症例以上でないと、技術的・経済的に不充分である

年間症例数からいくと、国内に20施設でよいこととなります。
特定機能病院数に設置したとすれば、86施設ですから年間5症例づつ・・・・う~ん、搬送の問題もあり、難しい問題ですね。




スポンサーサイト



  1. 2015/03/05(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する