FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療機器の防水性能

 今日は、医療機器の防水性能についてお勉強です。
www.dicapac.jp/ipx.html

IPコードとは国際規格IEC60529で定められた測定(試験)方法により求められた値をコード化したものです。 dicapac(ディカパック)は、IPX 8(防水保護等級)で求められる試験に合格しています。

IPX 保護の程度
IPX 8 水中形 等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。
IPX 7 防浸形 定められた条件(1M、30分)で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。
IPX 6 耐水形 あらゆる方向からのノズルによる強力な噴流水をうけても有害な影響がない。
IPX 5 防噴流形 あらゆる方向からのノズルによる噴流水を受けても有害な影響がない。
IPX 4 防沫形 あらゆる方向からの飛沫を受けても有害な影響がない。
IPX 3 防雨形 鉛直から両側60度の範囲の噴霧した水によって有害な影響がない。
IPX 2 防滴II形 鉛直から両側15度の範囲で落ちてくる水滴によって有害な影響がない。
IPX 1 防滴I形 鉛直から落ちてくる水滴によって有害な影響がない。
IPX 0 - 無保護

よく見かけるのは、IPX1~3ですかね!?まあ、3で充分でしょうか?
スポンサーサイト



  1. 2015/04/07(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する