FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

よりよい監視環境のために

 適切なアラーム設定は、よりよい監視環境のために必要不可欠なものです。現在の生体情報モニタでは、まだまだ、誤報がいっぱいです。
 これは、メーカーの「すべてのアラームを鳴らせたい」に対して臨床現場では、「そんなことでアラームを鳴らさなくてもよいのに」という風に常日頃から感じていて、それが続いて狼少年のようになっていることが原因と思われます。「アラームの音量を小さくしていて聞こえなかった」とか「鳴っているのにきずかなかった」事例で重篤な事故の新聞報道も散見されます。まだまだ、改善が必要です。

 私は以前パルスオキシメータで、アラーム回数を調査しました。6病日、延べ40名の患者データを集計したところ、アラームが鳴ったのは平均171回であった。これは1時間に7回、約9分 に1回のアラームが発生したことになり、結構な割合でアラームが鳴ることとなる。これでは看護業務を増やすことなることが分かりました。
 アラームの早期発見を考え、ナースコールとの連動を考えたが、現状ではナースコールが鳴りすぎてしまうため、有用性が低く 感じられ、アラームをナースコールに連動するのを見送りました。                                                                                                     
アラームの定量的評価や遅延機能にを利用すれば、有意にアラーム回数が低下し、不要なアラームを排除できるものと思っています。これらの方法でよりよい監視環境を構築していき、アラーム事故のない環境を整えたいと考えています。
スポンサーサイト



  1. 2007/11/27(火) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する