FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

AIRVO2を試す

 ネーザルハイフローを装着している、3kgの患者さん、2か月たっても離脱できないということで、何とか在宅移行できないものか?と相談を受けました。
 まずは、トリロジーでネーザルハイフローのデバイスを付けて在宅している人がいるって情報を聞き、試してみました・・・・・・

トータルフロー6L、CPAP圧5にて装着してみると、新生児カニュラ(赤)では抵抗になっているらしく、どうも流量があやしい・・・・トリロジーの画面では、フローが測定できず、フォローアナライザーを間に入れて測定してみると、フローはたったの2L・・・・CPAP圧を11まで上げると、トータルフロー6L出せることが分かりました。しかし、この方式は、カニューレが詰まっても感知できず、リスクが高すぎるということで断念!


そこで、前からこちらのページ:
blog.livedoor.jp/ncgg_me/archives/42807162.htmlで気になっていたAIRVO2を試してみることに・・・
詳細を導入実績のある国立長寿医療研究センターさんに電話で聞き(突然の電話に対応していただきありがとうございました)
3kgから対応可能である紫カニューレにて試してみました。今の所、良い感じです。

AIRVO2は、静かで、酸素使用量が少なく、使いやすいので病棟等でも普及すると思います。まあ、価格の問題をクリアすればですけど・・・・・

クリックすると新しいウィンドウで開きますクリックすると新しいウィンドウで開きます

スポンサーサイト



  1. 2015/06/20(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する