FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

当直中の呼出に関する考察

 当直中の呼出に関する考察です。

当直開始から8か月で367件の呼出があります。このペースで行きますと、年550回くらいとなります
当直前は、ボランティア当番制で150回の呼出がありましたので、4倍くらい増えています。

で、当院の時間外体制の変遷を見ますと、

~2006年 電話での呼出
2007年~ 循環器輪番日のみ拘束体制
2010年~ 休日のみボランティア当番制(担当者を決める)
2013年~ 毎日ボランティア当番制
2014年~ 当直体制

振り返って見ると、課内を回している身としまして、当直制は楽になったと思います。
なぜか?と言いますと、電話がかかってくることが無くなりましたから・・・・
以前は、夜中に電話がかかってくると、自分で行くか、誰かに連絡していましたが、今は毎日その心配をしなくてよくなりました。年間100回以上の呼び出しがある施設では、呼び出し担当者を決めるか、当直制に移行するべきだと思います。

スポンサーサイト



  1. 2015/07/18(土) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する