FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

すぐに役に立つものは、すぐに役に立たなくなる

 当院の院長の「徒然日記」より
himeji.jrc.or.jp/blog/index.php/blogs/lists

すぐに役に立つものは、すぐに役に立たなくなる』
最先端の科学を教えても世の中に出ていくと世の中の進歩は速いものだから大体4年で陳腐化してしまう。そこで大学では陳腐化してしまうものを教えるのでは なく、社会に出て新しいものが出てきてもそれを吸収し、新しいものを作り出していく、そのような技術を教えるべきであるとコンセプトを持っています。それ がいわゆる教養です。


確かに、おっしゃるとおりです。
また、外来診療は、患者とのコミュニケーションの連続で、大変だと思います。最近の医師は教養が欠けているとも言われたりしますが、昔の医師の訳わからん人に比べると、はるかに教養があるかと思います・・・・!?

スポンサーサイト



  1. 2015/07/31(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する