FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

心電図もニタの誘導に関する疑問

心電図もニタの誘導に関する疑問!?

3ECG2111.jpg


病棟では、ほぼⅡ誘導で観察しています。Ⅱ誘導以外、変更できない場合も多いです。
呼吸モニタリングも多くの場合、赤ー緑で測定しています。

であれば、モニタのシールを赤ー緑の2枚だけにすればよいのでは?・・・
と思うのですが、誰か理由を知っていますか?
スポンサーサイト



  1. 2016/05/09(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:2

コメント

ともにゃんさん、こんばんは。

モニター心電図の誘導ですが、一般的に『赤』『黄』『緑』の3つ電極によりⅠ・Ⅱ・Ⅲ誘導を形作っています。

おっしゃる通り、Ⅱ誘導が心電図波形の描出が他の誘導よりもP波、QRS群の波形が比較的確認しやすいことがⅡ誘導が好んで選択される理由だと考えます。
あとアイントーベンの三角形の理論から『Ⅱ誘導=Ⅰ誘導+Ⅲ誘導』であることも理由かと思われます。

次に呼吸モニタリングでの『赤』-『緑』(=Ⅱ誘導)のことについてですが、残った『黄』電極はアースの役割をもっています。
ですので、もし他の誘導(※例えば『赤』-『黄』(=Ⅰ誘導))にて2つの電極)を心電図モニターで使用したとしても余った電極(※この場合『緑』電極)は、アースとしての役割を持つことになります。

したがいまして、前述の理由により心電図モニターの電極は、3点必要ということになります。
  1. 2016/05/09(月) |
  2. URL |
  3. なかやん #-
  4. [ 編集]

なかやんさん

コメントありがとうございます。
そう言えば、10年くらい前に同じことをメーカーさんに言ったら、アースだと言われて納得したのを思い出しました!

でも、電極だけ貼ればよい装置が出ると良いですね!
  1. 2016/05/10(火) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する