FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

呼吸器回路の使用体重と機種


当院の呼吸器回路の使用体重と機種について

すべての症例にて F&PのEvaqua2を使用
F&Pの回路選択の境目はBW12~15kgとなっていますが、安全性を重視して使用する病棟の使用頻度で境目を分けています。
回路の選択基準は、呼吸器側の選択基準に合わせるという方法にしています。
これにより、病棟で回路に起因するトラブル減少に繋がっています。

サーボi(小児科):体重20kg
  ほぼ、新生児回路で大丈夫となった

PB840(ICU): 体重7kg
  ほぼ、成人用回路となった
 3年ほど使用していますが、呼吸仕事量やトリガ感度な ど、問題なし
スポンサーサイト



  1. 2016/07/10(日) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する