FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

臨床工学技士がいれば「医療経済に貢献できる」というエビデンス

 診療報酬に反映してもらうには、優先順位が高い=エビデンスが必要
ということで、臨床工学技士がいれば「医療経済に貢献できる」というエビデンスを考えてみます。

・シャントエコーを実施することで、閉塞が減り医療費が安くなる・・・

・不整脈治療に臨床工学技士が関わることで治療成績が上がり、医療費が削減できる

・内視鏡手術の立ち会いを行うことで、手術時間が短くなった・・・

他にもあるでしょうが、これらの数値的データが必要なんですね!ご存知の方、コメントください。

スポンサーサイト



  1. 2016/07/15(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する