FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療職による、年収

 医療職による、年収と責任と養成校の費用を考えてみます。

まず、医師
なんせ、医療業界の主ですので、権限は絶対的です!
ですので、マネージメント能力のある人は、開業して稼ぐのもよいですし、
自分で仕切りたい人は勤務医で院長を目指すのも面白いでしょう!
のんびりするなら保健所長というように、高時給な仕事があります!
時間外勤務や状態が悪い場合など帰れないということもありますし、人の生死にかかわる訳ですから、変な汗もかきます。
比例して責任と給与も高いです。そこまで頑張って働きたくない人には向いていないかもしれません。



         平均年収   養成費用
医師(勤務):1200万円   3000万円
医師(開業):2500万円
www.dr-10.com/careermagazine/income/1-f123/

薬剤師   :600万円    1200万円(200万円×6年)
臨床工学技士:500万円   600万円(150万円×4年)
民間:500万円

薬剤師は、6年制課程経て薬剤師になった新人の初任給は、医療職(二)2級15俸級として、初任給は200,800円ですので、給与的には養成校に支払った割には、高くありません!しかし、人気の職業であります。

最後に臨床工学技士 こちらのページに詳しく書かれています;jobthrough.com/me/contents/salary/income

他の医療技術職と比べて給料は差が少ないですが、就職はまだしやすい方だと思います。他職種は医師のオーダーありきで働きますが、臨床工学技士は自主性が高いので、性格によって選ぶ職種を考えた方が良い気がします。最近は、総合病院に就職希望が多いと聞きますが、退職金を考えた場合、総合病院が良いとは思います。
スポンサーサイト



  1. 2016/09/19(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する