FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

8~10万人ほどの雇用枠が必要!

 兵庫県の担当した近畿臨床工学会が終わりました。

テーマは「変革」 テーマに沿った色々な討論が展開されました。

2025年問題を絡めて、臨床工学技士の今後を考えますと、就業年数40年で年間2000人ほど増加しています。
とすると、8~10万人ほどの雇用枠が必要となります。

これまでは、透析患者数の増加に伴って技士数も増えていた側面がありますが、いよいよ患者減少時代に入ってきます。
また、高度急性期により看護師が病棟で余った場合、例えば手術室で中途半端な業務しかしていないと、看護師に業務を奪い返されるかもしれません。雇用確保という面からも、変革を迫られつつあるのが現状です。

若い方は、これから何度か変革を求められるほど長い間仕事をしないといけませんので、未来を見据えて、現状にあぐらをかかず、日々を過ごしてほしいと思います。

次回は、和歌山県で開催されます・テーマは「質」 業務を確立するために質を上げていかなければと思う学会でした♪

スポンサーサイト



  1. 2016/11/14(月) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する