FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

心臓カテーテル検査で、C型肝炎の感染事故が発生。原因として報道されている限りでは、「技士」まかせで、マニュアルにトランスデューサーを毎回交換することが記載されていなかったとあり、MEの責任が問われています。
 まだ再利用している施設があるの?って感じましたが、まだ再利用している施設があるんですね!!みなさんの施設では、検査マニュアルに毎回交換することは記載されているでしょか?
 器具は一個約4600円。医療保険の対象ではなく、病院側が費用を負担する仕組みという。出費を抑えるための行為ではなかったのか――そんな疑問に、病院側は「次々と検査の患者が来るので、忙しくて交換しなかったと担当者が言っている」などと答えるにとどまった。
 今回の事故で、業務内容のマニュアルの見直しを行い、細部までマニュアルに記載する必要があることを感じました。
スポンサーサイト



  1. 2007/12/27(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する