FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ご教示とご教授の違い

ご教示とご教授の違いについて。

教示:教え示すこと

教授:教え授けること

「ご教示ください」は、方法や知識など、自分が知らないことを、相手に教え示して貰う場合に使用します。

対して、「ご教授ください」は学問や、専門技術などを、身につけるために、相手から継続的に教わる事に使用します。

仕事の相手が、大学の教授で、専門分野の何か方法を教わるなら「教授」でもOKです。ただし、「教えてください」を丁寧に言っただけだとしたら、かなり大仰です。

そして、そんな専門的な内容を聞くなら、メールでぺろっと送るのは失礼にあたります。

普段、やり取りする内容であれば、

「教示」

を使用するのが、正しい日本語になります。


享受の意味について

さらに高度な、間違えた日本語の使い方として、

「ご享受ください」   があります。

享受の意味は、用意され、与えられたものを、自分の物とし、受け入れて味わい楽しむこと。

「ご享受ください」だと、何かとてつもないインフラを自分が整備して、それを使って欲しい場合に使う言葉となります。

やべー、享受を使ってた…

スポンサーサイト



  1. 2017/05/17(水) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する