FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

ガソリン式発電機の危険性について

 日本臨床工学会のワークショップでは、ガソリン式発電機の危険性について警鐘がありました。

福知山の露店での爆発事故があったように、ガソリンは爆発の危険性があり非常に危険であること
燃料の劣化により、いざという時に使えないことがある  ことが分かりました。
www.honda.co.jp/generator/images/dynamo_leaflet.pdf

SnapCrab_NoName_2017-5-26_14-32-17_No-00.jpg

代わりに、カセットボンベ式が燃料の劣化もなく使えると言うことでした。
ボンベ2本で、2時間稼働しますので、

発電機で2時間稼働 ⇒ バッテリで4時間稼働 ⇒ 発電機で2時間稼働 ⇒ バッテリで4時間稼働

以上の繰り返しで、72時間稼働させるためには、24本のボンベが必要と言うことになります。

スポンサーサイト



  1. 2017/05/26(金) |
  2. 未分類
  3. | コメント:2

コメント

いつもブログ拝見しています。
カセットボンベ式のものはインバーター内蔵でME機器に使用するにもそれなりに適切かと思いますが、外気温の制限があり寒冷地に関しては使用が制限される恐れも考える必要があるかと思います。(音と匂いはしますので室内使用はできませんし)

また72時間を自助(あるいはCE・メーカ―の努力)に頼らず国からの補助を申請できる体制を連盟含め検討していくことも必要と考えます。
  1. 2017/05/27(土) |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

厚労省の補助金制度はありますが、各都道府県の采配にもよりますので、補助金がある県と無い県が出てきます。 残念ながら、担当者の認識にもよります
  1. 2017/05/30(火) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する