FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

医療機器の管理加算について

案ではあるりますが、4月より医療機器の保守管理が評価がなされようとしているようです。
(具体的な管理料はきまっていません)
中央社会保険医療協議会 総会 (第122回)
平成20年度診療報酬改定について資料
  http://www.mhlw.go.jp/shingi/2008/01/dl/s0130-11j.pdf

★P124医療機器等の安全確保に係る評価
第1 基本的な考え方平成18年6月の医療法改正等を踏まえ、医療機関における医療機の安全確保や適正使用を一層推進するため、特に安全管理の必要性が高い生命の
維持に直接関与する医療機器の専門知識を有する臨床工学技士の配置について評価する。
第2 具体的な内容
医療機器の安全対策に係る評価を新設する。
医療機器安全管理料1 ○○○点(1月に1回)
[算定要件]
医師の指示の下に、生命維持管理装置の操作及び保守点検を行う常勤の臨床工学技士を1名以上配置し、医療安全対策の体制を整備している医療機関において、患者に対して、生命維持管理装置を用いて治療を行った場合に算定する。
(対象となる医療機器)
ア 人工心肺装置
イ 補助循環装置
ウ 人工呼吸器
エ 血液浄化装置(人工腎臓を除く)
オ 除細動装置
カ 閉鎖式保育器

案でありますので、参考資料としてください。
スポンサーサイト



  1. 2008/01/31(木) |
  2. 機器管理
  3. | コメント:2

コメント

ここまで来るのに、たくさんの先輩方や関係者が活動してくれたことを忘れてはいけないと思います。
技士会に入っていない人は、加入しましょう。

最近 全腎協の加入も減っていると聞きます。
先輩方の恩恵を継続または自分を守るためにも、透析患者には入ってもらいたいものです。

労働組合活動も最近は力が無くなってきています。社保庁のような活動はどうかと思いますが、ある程度労働者の意見も反映しないと働く気力を保持できません。
日赤病院は、組合活動盛んですか?
自治労は組織がでかすぎで、末端には動きがわかりません。
  1. 2008/02/01(金) |
  2. URL |
  3. Rudy #QfNYz.PI
  4. [ 編集]

日赤病院は、組合活動昔はストライキするほど盛んだったらしいです。今は、現実離れした要求しかしないのと全国組織のルールを変えれないので、組合人数激減してます。
ちなみに、私はあちこちに出没して知られている?との理由で非組合員代表として病院の協定に印を押す係りをやっています。
  1. 2008/02/01(金) |
  2. URL |
  3. ともにゃん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する