FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

事例検討会

昨日、インシデント報告に関する事例検討会があり、私は司会に抜擢??3されたので参加してきました。実際の報告を3グループに分けて対策を考えるというものです。毎月インシデント報告を50件程度見ているんですが、報告文章が分かりにくい内容のものや誤字等が多くて読むのも一苦労です。事例検討で報告文のままですと検討する材料が少なすぎて難しいものがあります。

何事でもそうですけど、教わっているときは何も思いませんが、教えるのは大変なものです。反対の立場になって初めて見えてくるってことも良くあることです。
そう言えば、「親の心子知らず」258ってよく言われてました。最近よく分かります。
スポンサーサイト



  1. 2008/02/19(火) |
  2. 未分類
  3. | コメント:2

コメント

祝、インシデント報告司会

おめでとうございます。

今までのご活躍が実ったのだと思います。
特定機能病院では、医療安全管理者は、医師・看護師・薬剤師にしかできませんが、それ以外の施設では可能かと思います。

医療安全に係ると、KYTの大事さがわかります。
臨床工学技士の眼だけでなく、色々な職種の眼があり、
気づく大切さが必要たと思います。
気づきには、感度差がありますが、
去年はKYの事を「空気が読めない、K=空気、Y=読めない」と、流行りましたが、医療施設では、空気が読めなかったら、
患者は、死んでしまいます。
空気が読める感度が欲しいですね。

医療安全は啓発が重要だと感じています。

頑張ってください。


  1. 2008/02/19(火) |
  2. URL |
  3. よっちゃん #-
  4. [ 編集]

もしも・・・

このての院内勉強会をするのに外部講師を頼む事が有るなら、
九大のA澤先生をお勧めします。
(肩書きは「医療経営・管理学講座准教授」)
非常に判り易く説明してくれるよ!!
やっぱ安全系は工業会が何歩もリードしてるので、
そこららの技術を取り入れた話をしてくれます。

後、うちでも困った事に成るのが、色々なツールが増えて、
本来の目的が変わる事が・・・(泣笑)
トップマネジメントの目的・目標→中間ではこの目標が目的に成ります。
中間の目的・目標→一般職員はこの目標が目的に成る。
ここらが病院って組織では、いまいち管理者の理解度に不足が有るような。

例えばKY活動が主目的になり、患者安全と独立する傾向とかない??(笑)
機能評価だのISOだの、本来の医療の本分や患者安全って目的から、
ツール(目標)を取得するのが目的って感じに逸脱する傾向がよく有ります。
うちだけか???(自爆)
  1. 2008/02/19(火) |
  2. URL |
  3. taka様 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する