FC2ブログ

ともにゃんの生態

臨床工学技士の「ともにゃん」の個人ブログ。医療機器の管理を中心に日常の戯言を日記にしています。

地域医療向上へ 兵庫県と神戸大が協定

地域医療向上へ 兵庫県と神戸大が協定を結びました。(神戸新聞)
医師不足や偏在化など崩壊の危機にある地域医療を官学一体で立て直し、活性化させようと、神戸大と兵庫県が26日、連携して人材の育成・交流を図る協力協定書に調印した。県職員や大学教員が所属の垣根を越えて執刀や指導にあたるのは全国でも例がないという。
 兵庫県は人口約560万人に対して医師養成機関が2大学しかないため、構造的に医師不足の状態にある。大学との交流により兵庫の医療水準を高め、県内外からの人材確保につなげたい考えだ。

 一方、神戸大は現在、12カ所ある県立病院の大半に医師を派遣しているが、豊富な臨床経験を積んだ県立病院の医師を教員として派遣してもらうことで医療技術の高度化や人材育成の課題解決に期待できる。協定によると、2008年度は県立がんセンター(明石市)と県立こども病院(神戸市須磨区)の医師5人が、神戸大大学院医学研究科の教授を兼務。病理学と外科学の計4分野で週2回、講義や実習指導、診療にあたる。神戸大の医師はがんセンターなどで執刀する予定。
 
 兵庫県の現状を多少知っている私としては、ここまで自画自賛されると空々しい気がします。大学が人手不足で教員確保が難しくなっている状態になったのに対する、緊急避難策でしょうが、医師の総数が増えていないので、進歩はありません。一番問題なのは、出身大学に定着しないことではないでしょうか?
 兵庫県は、いつのまにか財政再建団体の一歩手前です。県立病院の赤字は毎年100億円程度あります。補助額が減ることは目に見えています。それに伴い医師数も減っています。県立病院の集約化等もっと抜本的改革が必要と思うのは私だけではないはずです。
スポンサーサイト



  1. 2008/03/27(木) |
  2. 未分類
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する